<   2005年 03月 ( 26 )   > この月の画像一覧

小石の話

薄くて寒そうなのを
ひろって
目鼻を描いて
遠くへ投げた
羽も必要だったかしら
by puffin99rice | 2005-03-30 07:53

縁日の話

解凍された恋人たちが
約束の場所を思いだし
噴水広場へと急いでいる
もうじき花びらがふきあがって
その下で 縁日がはじまる
by puffin99rice | 2005-03-28 22:49

自家撞着の話

仕事から帰って風呂に入り ビールで夕食
テレビを見ながら 大笑いして妻と語らい
子どもたちと遊んでいるうちに
酔いがまわって眠ってしまうので
詩なんか必要ないぞ
by puffin99rice | 2005-03-27 20:30

朝立ちの話

いや だから
そういうことさ
春だからね
言うにことかいて 
こまったもんだよ
by puffin99rice | 2005-03-25 23:36

傍観者の話

どの一番あたらしい世代も
おなじことを掲げて
やぶれさっていったが
少しずつ なにかが
ちがうのステキです
by puffin99rice | 2005-03-24 21:12

娘の話

新しいテキストは桜色
もよりの駅と その沿線に
そぞろに鈴の音がして
ふりむけば きみ齧る
チョコポッキー
by puffin99rice | 2005-03-23 22:37

袋小路の話

袋小路のはてにも
種子はとんでくる
見る者のいない こんな場所でさえ
やがて根をはり つぼみをつけて
花咲くために
by puffin99rice | 2005-03-21 19:07

風景の話

風がひらひら うすい恋人たちを
どこかへ吹きおくっている
青空は はがれおちて
真昼の犬のひたいが 小冊子のように
ぺらぺら めくれている
by puffin99rice | 2005-03-20 22:42

歴史の話

フランス王の侍医だった男は
四行の詩を一千かいた
十篇までは愛嬌 百篇が拍手 五百篇は事件
八百篇あたりで呆れられ それでもかきつづけて
千篇で 歴史になった
by puffin99rice | 2005-03-19 19:07

占い師の話

霧の夜 ガス灯のあかりのしたで
占い師は 詩をかいていた
ちがうだろ 将棋盤をだして
どうするんだよ
だからあ
by puffin99rice | 2005-03-17 22:33