<   2006年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

握手の話

すぐに はえてくる
手首からさきを
ちぎっては なげている
だれとも つながらない
そう誓った遠い日から ずっと
by puffin99rice | 2006-02-28 07:58

注文の話

ことばたちが よろこんで
うちがわ から
ぽっ と 
あかりを ともすような
ならべかたを してあげて
by puffin99rice | 2006-02-27 20:52

魚友の話

あたし 
いきいきと
しんでいるから
ぜったい
たべにきてね
by puffin99rice | 2006-02-27 01:52

さいはての話

できうれば世界のぜんぶと
つりあうほどの塵芥のやまになりたい 
せめぎあうわたしとことばのあわいでつぶれる卵たち
ここまで来た いいえ
どこへも 行ってない
by puffin99rice | 2006-02-26 18:45

御礼の話

とても掃除機なひとが
そばにいてくれるので
ぼくはいつも すがすがしく
ゴミの山を 築くことができるのです
ありがとう
by puffin99rice | 2006-02-25 19:35

かみさまの休日の話

北の国から ついてきた
うちのかみさま 雨がふると
蕗の葉のかわりに 傘さして
コンビニに サケ買いにいきます
アタリメ入れて 燗してのみます
by puffin99rice | 2006-02-24 19:51

雨の日の話

うちの かみさま
しごと さぼって
あさから くだ まいてます
はたらかないと ばち あたるぞ
って いってます
by puffin99rice | 2006-02-24 17:03

アルバムの話

麦藁帽子の匂いがする
古ぼけた写真のなかで 
あしあとが波にさらわれている
すてられた古時計のように
何かが少しずつ狂っている
by puffin99rice | 2006-02-23 23:31

一穂のテキストの話

砂丘は眠る、瓦礫も眠る。
線描の彼方、黎明を毒殺せよ。
避けられぬ、運命のメエルヘン。
星の舗道に、暗黒の感情を移入し、
原書の晦冥をして、迷妄に至れ。
by puffin99rice | 2006-02-22 22:35

亀之助の部屋の話

百年の約束を 果たしにいったら
骸骨になって 待っていてくれた
首から上を かたかたと鳴らして  
怒っているのか 喜んでいるのか
なんか怖いので ひたすら謝った
by puffin99rice | 2006-02-21 19:43