<   2008年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

●そろもん(あとがき)

噴水のそばでは
アビリティーが無効になります
仕事の話はやめましょう
大声で電話しながら歩いている人
あなたの内側を掃除したい


 2004年11月23日初出(現代詩フォーラム)の上記「噴水の話」から、昨日の「そして風の歌」まで1180日が経過しました。1000日にわたってひとつの連作をかくという構想でしたのに、納期にだいぶ遅れてしまいました。まあ、初発のモチベーションをどれだけ持続できるかという試みでもあったので、それは、よしとしましょう。怠け者の私にしては、かなり頑張ったほうです。
 早いもので、過ぎ去ってみれば、ひと夜の夢のようなものです。3年といえば感受性の鋭敏な若者にとっては、性格や人生観が大きく変わるのにじゅうぶんな時間ですが、それなりにトシをとった私には、自覚できるほどの変化は感じられませんでした。
 それが、ちょっと悲しい(笑)
 とはいえ、「そろもん」をかきつづけることで、私のなかの何かが、きっと更新されたのだと、信じることにします。

いくつかの言葉と
言葉でないものを
ほうりこんで
かきまぜれば
あっ
と言うまに
詩ができる
そんな魔法の装置に
なればいいんだ

 「そろもん」に先立つ2004年10月29日にかいた、この詩にある「魔法の装置」になるのが、私の見果てぬ夢なのですから。

 では、これにて連作「そろもん」第一の書を終わります。

 ※

よし おわった
もう し を
かくことはない
って
うそです
by puffin99rice | 2008-02-17 18:10

そして風の歌

よどみの うたかたでも
しあわせならば それでよいと
わたしをかきすて 吹いてゆく
彼方へ そして
さらなる 彼方へ
by puffin99rice | 2008-02-16 06:52

春の歌

おれが かけば
春がくると 思っていたが
傲慢だった
と 認めたときから
歳を とりはじめた
by puffin99rice | 2008-02-15 20:15

炎の歌

裸の男たちが 松明をかかげ
夜を徹して 雪の上をはしる
燃えさかるのは 暗幕に
連綿とつづく ひとすじの夢  
曙とともに 冬がおわる
by puffin99rice | 2008-02-14 22:33

宝の歌

こころにふかく ささって
いるのは きらめきを
いきて いきぬいて
くだけて とびちった
たましいの かけらです
by puffin99rice | 2008-02-13 21:49

凸の歌

そういえば なんか
すごい詩を かいて 
せかいを ほろぼした
ことがあったなあ パンゲアに
いたころの 記憶だ
by puffin99rice | 2008-02-12 21:11

旬の歌

ほとぼりがさめるころ 妻子の留守を
みはからって 鬼がかえってくる
おまえもおれの だいじな友だち
からだにめりこんだ 豆をほじくりだし
つまみにして 酒をのみかわす
by puffin99rice | 2008-02-11 20:00

場の歌

ビルの屋上に 月が
座礁している みんな
しごと ほうりだして
酒盛りはじめる 明日の
ことなんか しらない  
by puffin99rice | 2008-02-10 22:28

兆の歌

もうじき 黒土の
匂いのする 陽だまりに
あまたの 様式を
とっちらかして 花が
おのれを すてにくる
by puffin99rice | 2008-02-09 22:38

痼の歌

ミロの絵における 月と星の
関係みたいな 単純な構図に
おもい至って ぼくはさっき
とつぜん きみを ゆるした
人の時間で 三十年目だった
by puffin99rice | 2008-02-08 20:58