ブログトップ | ログイン

そろもん

時は砂のように手からこぼれおちる
歳月は誰の身にもひとしく過ぎ去る
けれども ひとは思いだすことができる
失われてしまったかにみえても
記憶のなかに息づいているそれらを

不完全で 断片的なものにこそ
あなたの本当の宝が眠っている
いま わたしはあなたに
魔法の言葉を喚起させるために来た
わたしたちの 後ろの沃野に
忘れられ 隠されている
朦朧とした 夢の光輝を






































by puffin99rice | 2012-10-28 21:02